自由体操~人生100年時代の今日「始めない」すごい健康法

心がけるだけでだるさも痛みも運動不足もぜんぶ解消

プロフィール

佐野壮(さのそう)と申します。
52才の主夫です。

 

生まれ育ちは、、、

東京都杉並区。父は新聞記者、母は画家でした。区立の小学校を卒業し、なにかと「自由」な麻布中学に入学しました。部活は中学でテニス、高校でアメフト。

けれど、人生でまともにスポーツをしたのは結局このときだけでした。

 

大学は、、、

浪人して東大に合格し留年したので計5年通いました。いえ、通いました、ではなく、たまに訪れていた、と言う方が正しいのです。

(振り返ってみれば)時代はまさにバブル真っ只中でした。

(バブルのせいにはしませんが)遊んでばかりで、勉強も運動もしませんでした。

 

就職は、、、

バブルの渦中(泡中)にTBSに入社しました。バラエティもドラマも経理も経験させてもらいました。けれども、わずか6年ほどで辞めることになりました。

理由は、私が弱かったから、です。

 

無職になり、、、

1度目の主夫になりました。子供はまだいなかったので、3年ほどぶらぶらと無駄に生きていました。運動もしませんでした。

 

麻布の友人に誘われて、、、

映像関係のITベンチャーを起業しました。楽しいこと、辛いこと、いろいろありました。(主に友人の方が)諦めずに頑張りましたが、2007年に会社をたたみました。その際、現ソニーの吉田社長と十時CFOには大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

再就職して、、、

ベンチャー事業でお世話になったブロードメディア社の橋本社長に雇って頂きました。上場企業でありソフトバンクグループでもあり、多くのことを学ばせて頂きました。

ありがとうございました。

 

転職して、、、

ベンチャー時代の事業を復活させる計画が持ち上がり、DMM.com社に移りました。計画は実現しませんでしたが、ドーガ社の亀山社長が立ち上げた新規事業をお手伝いすることになりました。短い間でしたが、大変勉強になりました。

ありがとうございました。

 

(また別の)麻布の友人に頼まれて、、、

ヨガのインストラクターをしていた親友にヨガスタジオの経営を任されました。(頼まれるとNOとは言えない性分のようで)ところが、そのすぐ後に、親友が亡くなってしまいました。その時、私の娘は4才で、テレビ局に勤める妻(かつての同僚)がとても多忙だったので、子育てするため再び主夫になりました。

 

そして、今に至ります。

2018年度は、娘が通う小学校でPTAの会長を務めておりまして(4年目)、当ブログのイラストレーションで全面協力してくれている小池アミイゴさんは副会長さん、というご縁です。

(今をときめくベテランの)アミイゴさんのイラストが鑑賞できれば自由体操なんかどうでもいい。

そのお気持ちはよくわかりますが、少しくらいは体を動かしてみて下さい。

その素敵なイラストを参考にして。

あくまでも、参考にして。

そのうち、自己流で。

 

プロフィールはこちらにも↓↓↓ 

佐野壮さんのプロフィール - はてな