自由体操~人生100年時代の今日「始めない」すごい健康法

心がけるだけでだるさも痛みも運動不足もぜんぶ解消

0, はじめに

いつでも、どこでも、どんなふうにでも、体のどこでも、少しでも、自由に動かす。

それを心がけるだけで元気になってゆく。

だるさが減ってゆく。痛みが薄れてゆく。若返ってゆく。

それに気づいたのは5年前の2013年です。

気づいたとはいえ、自分でもすぐには信じられませんでした。

 だって、体操も運動もスポーツもストレッチもヨガもジョギングもしていないんです。

体のどこかを動かせるときにただ動かしているだけなんです。

電車待ち、電車の中、信号待ち、レジ待ち、エレベーターやエスカレーター、トイレの個室、会議中、お風呂、歯磨き中、寝る前、起きる前、テレビ見てるとき、、、、、、

いつでも、どこでも、どんなふうにでも、体のどこでも、少しでも、自由に動かす。

そんなことだけで体調が改善するとは、とうてい思えません。

そこで、厚労省やWHO(世界保健機関)などの公表資料を調べたり、自分の体を使って人体実験したり、、、

そしたら、ホントにそうでした。

20代から肩こりに悩まされ続け、マッサージに通ったり、さまざまな解消グッズを試したりしてきましたが、これぞ、という答えは見つからない。

やがて、凝りは体のあちこちに災いし、40代で父になったものの、疲れやすく、だるく、体のどっかがいつも痛く、子供と遊ぶのもままなりませんでした。

きっかけは肩こり解消だったんです。

そしたら、肩こりどころか、、、

全身快調!

適当でも体を動かしていれば体調が良くなる。

そこに付けた呼び名が「自由体操」です。

なんだ、やっぱり体操かよ。

そう言われるとたしかにそうなんですけど、ほかに呼びようがないもので。

これまでの「体操」とはちがいます。

むしろ、「体操」であってはいけないのです。

たとえば、「毎日3分」とか「8回を3セット」とか「90度開いて」とか「肩の高さまで上げて」とか、、、、、、、、

そういうことをなるべく考えないで欲しいんです。

ただやる!

いやいや、「!」も、いらないんです。

やる気も出さないで欲しいんです。

「はじめよう」とも思わないで下さい。

「はじめよう」と思ってはじめると、そのうち(けっこう早く)終わりの日がやって来ます。

「続けよう」もダメなんです。

「続けよう」と思って続けていると、そのうち(3日目くらい)お休みの日がやって来ます。

そして、この「お休み」はたいてい「永遠のお休み」となります。

ですから、ただやる。

する。

あえて言うなら、心がける。

それだけです。

そのうち、必ず変わったと感じます。

いつか?

ライザップだと2ヶ月で「あんなふう」になれちゃいますが(なれますよ!)、自由体操だと2ヶ月で「?」と感じる程度です。

「あれ?」「お?」「これは?」「もしかして?」

2ヶ月ではこんな程度の「?」ですが、6ヶ月くらいで「!」になります。

ライザップだと、もしかしたら6ヶ月後にもとに戻ってるかもしれません。

でも、自由体操ならリバウンドはありません。

なにしろ、自由体操は一生やめないんですから。

超なだらかですが、ずーーーーっと右肩上がりで体調は良くなっていきます。

もっと早くブログをはじめるべきでした。

もっと早くみなさんに自由体操を知って頂くべきでした。

AmazonのKindle(電子書籍)だけで本を出しておりましたもので。

f:id:jiyutaiso:20180531163728j:plain

本当に申し訳ありません。

It's late, but not too late. (遅いけど、遅すぎではない)

2018年5月吉日。ブログ、はじめました。

 

体操カタログ1へ続く 

www.jiyutaiso.com