自由体操~人生100年時代の今日「始めない」すごい健康法

心がけるだけでだるさも痛みも運動不足もぜんぶ解消

【続報】現実は妄想を超えた!最高のアメフト選手はボクらを見ていた!!

今朝、ある女性から電話が掛かってきました。

「久しぶりね、麻布のアメフトのブログ、読んだわよ」

ドキッーーーーーー!?

10代のことです。

さすがにそれはもう、時効、ということで。。。

いえいえ、そんなんじゃありません。

 

声の主は広島在住の女流画家Kさんでした。

女子美の母の教え子で、子供の頃のボクにとっては、(ちょっとだけ!?)年の離れたお姉さん的存在だった人です。(今もね)

 

Kさんの口からいきなり飛び出したのは、、、

「あたし、織田島と佐曽利と一緒にアメフトの練習見に行ったわよ。麻布のグランドに」

ヒョエーーーーッ!!!!!

 

おまけに呼び捨て?!

友達なの?

そうなんです。

謎が解けました。

Kさんが織田島さんと佐曽利さんのお友達だったのです。

「先生の息子がアメフトやることになって」

なんて話しから、ボクをお二人に引き合わせてくれたそうです。

 

初めての方のために説明します。

佐曽利さんは「日本アメフト界の歴代最高選手」とも表される方。

織田島さんは佐曽利さんのチームメイトでお仕事も一緒にされていた「盟友」。

詳しくはこちらと、、、 

www.jiyutaiso.com

こちらにも、 

www.jiyutaiso.com

(「小学生編」、「麻布中学編」、麻布高校編・下巻」、「完結編」もあります)

 

私の記憶の「織田(?)さん」は「織田島さん」でした。

(たぶん、そうだと思ってたんですが)

Kさんによれば、

佐曽利さんは、Kさんたちから少し離れて、一人でじっと、麻布生の練習を見つめていらっしゃったそうです。

「監督じゃないんだからさあ」

Kさんはそんなふうにからかったそうです。

 

神様に見られてた。

 

 

「豪雨、大丈夫?」

「うちは市内だから大丈夫。パンは売ってないけど」

ご無事と聞いて一安心。

Kさん、最後に一言、、、

「あたしの方が記憶いいんだけど」

 

f:id:jiyutaiso:20180710152057j:plain

Kさんの近作です。

http://www.shinseisaku.net/wp/archives/2458

 

【追記】(2018/07/11)

この翌日。

Kさんからメッセージが。。。

「オダジマは小田島か小田嶋です」

 

ボクの記憶の良さの「高が知れました」。

 

 

自分で自由に体を動かす人がひとり増えれば、日本がひとりぶん元気になります。

2020ならまだ充分に間に合います。

自由体操で動かしましょう。