自由体操~人生100年時代の今日「始めない」すごい健康法

心がけるだけでだるさも痛みも運動不足もぜんぶ解消

13, 蹴る(小池アミイゴさんが創り出す自由体操人たち)

サッカーはすごい。

なにがすごいって、ルールがかんたん。

世界一かんたん。

古今東西、老若男女、だれでも分かる。

見れば分かる。

どうすればいいか?

ボールをゴールに入れればいい。

どうやって?

ボールを頭に当てるか、足で、、、

f:id:jiyutaiso:20180628120525g:plain

蹴る

 

サッカーよりもかんたんな自由体操 

私はアメフトのプレー経験があるので、アメフトのルールが分かります。

だから、テレビのアメフト中継も楽しめます。

 

野球は小学生のとき「手打ち野球」が大好きだったので、ルールが分かります。

だから、野球中継も楽しめます。

 

サッカーはほとんどやったことがありません。

でも、サッカー中継は楽しめます。

戦術とかは分かりませんが、ワールドカップも楽しめます。

日本戦以外もけっこう見てます。

 

でも「今日からサッカーを始めよう」とは思いません。

スポーツの「見て楽しい」と「プレーしたい」はふつう別次元です。

でも、アメフトは「見て楽しい」し「プレーしたい」です。

52才になっても、です。

実際にしますし。

そういうものが一つでもあればいいのですが、そうもいかないので運動不足になってしまいます。

 

そこで、自由体操です。

 

「今日から自由体操を始めよう」なんて思う必要はありません。

自由体操なんて「したい」と思わなくてもできるからです。

自由体操は自由に体を動かすだけです。

ルールはサッカーよりかんたん。

ルールは「無理しない」だけです。

 (今夜のポーランド戦は無理な体勢からでもシュートして欲しいです)

 

ところで、今回のアニメ。

男性が「エアー」でシュートを蹴っています。

心の中ではポーランドのゴールネットを揺らしています。

今回登場したこの男性、どことなく容姿がご本人に似ています。

このブログで、自由に体を動かす「自由体操人」たちを描いて下さっている小池アミイゴさんその人に似ています。

自由体操は「やる気を出さず」にやるものです。

みなさんは、こんなに足を上げなくていいです。

無理でなければ、上げてもいいです。

しかし、今回の自由体操人はやる気が出てますね。

蹴りにかなりの気合いが入ってます。

それもそのはず。

アミイゴさんは筋金入りのサッカーファンなのです。

なんと、「大迫半端ない」の試合もご覧になっていたと。

www.facebook.com

 

PTAでご一緒のご縁で、いま大人気のアーティストにご協力頂いている幸せ。

goetheweb.jp

 

今夜はいっしょに蹴りましょう。

 

 

 

自分で自由に体を動かす人がひとり増えれば、日本がひとりぶん元気になります。

2020ならまだ充分に間に合います。

自由体操で動かしましょう。