自由体操~人生100年時代の今日「始めない」すごい健康法

心がけるだけでだるさも痛みも運動不足もぜんぶ解消

24, アキレス腱を伸ばす(伸ばせないけど、やっときましょう)

今日は、久しぶりに体操カタログです。

そして、久しぶりにあのお姉さんです。

2週間ほど前に、

肩を回したり足首を回したり してたお姉さんです。

今日は、、、あ、やっぱり、、、

f:id:jiyutaiso:20180726183041g:plain

アキレス腱を伸ばしてます。

 

海でもプールでも、やっぱり泳ぐ前はこの体操です。

近頃、うんちくをよく語る人が、こんなことをよく言います。

「アキレス腱は伸ばしちゃダメでしょー」

たしかに、アキレス腱は「腱」なので、ホントは伸ばせません。

 

無理に伸ばされると切れてしまいます。

じゃあ、このお姉さんのような体操をしなくていいのか、というと、

やっぱりした方がいいのです。

この体操はアキレス腱と繋がっているふくらはぎの筋肉をストレッチする体操です。

ふくらはぎの筋肉=下腿三頭筋=腓腹筋+ヒラメ筋

ここをやわらかくして、アキレス腱が引っ張られすぎないようにする。

それが、いわゆる「アキレス腱伸ばし」です。

ホントは「ふくらはぎ伸ばし」なんですけど。

細かいことはいいんです。

足首だって、ホントは回らないですし。 

 

5年前に出版された「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」。

ベストセラーになりました。 

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

 

この本では、ふくらはぎの「もみ方」が丁寧に説明されています。 

この本を読んで、そのとおりにもみ続けられる人はそれでいいです。

でも、この本の「もみ方」とちがっていてもいいんです。

自己流でもいいんです。

もまないよりは、自己流でもなんでももむ方がいいんです。

いつでも、どこでも、どんなふうにでも、ふくらはぎを、少しでも、自由にもむ。

それは、

自由セルフふくらはぎマッサージ

です。

泳ぐ前はしっかりもんでおきましょう。

 

 

記事はいつもながら私見です。

医学的な定義とは異なるかもしれないことをご承知置きください。

 

自分で自由に体を動かす人がひとり増えれば、日本がひとりぶん元気になります。

2020ならまだ充分に間に合います。

自由体操で動かしましょう。